cobako

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
運動会の朝
少し前の話ですがこんな事がありました。

運動会に向けて毎日練習をしてきた子供達。
さあ、今日が本番です。
そんな日の朝、
やってしまった、姉妹けんか。

妹の踵落としが命中!!
お姉ちゃんの手が動かなくなりました。

こうゆうピンチな時って、あらゆる感情はどこかに行ってしまうもの。
なんだかとっても冷静に、お弁当作りも今となっては記憶にないですが、学校に電話してとりあえす病院へ。

今年最後の6年生。組体操や騎馬戦でうちの子はすべて上の担当。
がんばれば大丈夫じゃない?と聞くと、涙のお姉ちゃん。『いたくてうごかない。。』

でも、

レントゲン撮ったら、
なんともなってなーい!!
いわゆる打撲で済んだのでした。
となったら、強行突破するべし。

母『走れるよね?』
姉『ん〜。』
父『痛くても出ろ』
母『組体操は?』
姉『逆立ちくらいはできるかな。』
父母『!?』
母『騎馬戦は?』
姉『左手でとれる』
父母『!!!』
母『3段タワーは?』
姉『登るのは簡単だから。』
父母『!!!!!』
父母『..全部いけるね』

という事で、折れていないと分かった本人も、
ようやくやる気がでてきたパターン。
かけっこだけは大の苦手で、逃げ切ろうとしてたみたい。
晴れて心配していたクラスメートと先生の元へ。いつもの運動会に戻りました。

けっこう腫れたので、痛そうな表情もちらり。
そんな気持ちで見た組体操。
土台の子達がいないともちろんできないし、てっぺんもいないと完成しない。
3段タワーが並ぶ光景を見た時は、涙〜!のはずが、
よし、無事成功〜!皆さんありがとう〜!と、
裏方のような安堵感でいっぱいでした。

包帯ぐるぐるで、遠くからでも見つけられたのは、良かったかな。
もう喧嘩しないでね、と、心から思ったわが家の出来事でした。

P5120785.jpg
スポンサーサイト
 日記 コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL
→http://cohako.blog114.fc2.com/tb.php/723-930c8569
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。